相続放棄期限後でも頼れる心強い味方!|法律で安心生活維持

作ることで良い事

オフィス

骨肉の争いという言葉がありますが、親しい親族の間柄だからこそお金のことになってしまうと争いも起きてしまい泥仕合に発展していくことが多いのです。仲の良い家族の間でそんな争いが行なわれてしまってはいたたまれません。亡くなってからのことについては故人にはどうしようもできませんので、そのために遺言作成をしておくことが大事なのです。通常、遺言作成をしない場合の相続といえば配偶者が2分の1、その半分は子供の数で当分に分けられることになります。そのため、そんな分け方にしたくないという場合は遺言作成をしてはっきりと財産の分け方について明言しなければいけないのです。どんな形の遺言でも良いというわけではなく、遺言書として認められるためには規定の手続きを踏む必要があります。

遺言作成を請け負ってくれるのは弁護士や司法書士といった法律のプロです。司法書士などに遺言作成を任せれば、安心して相続の手続きを済ませることができます。例えば遺言作成をすれば、相続人以外の人でも財産分与を行なうことができるのです。法律のみで判断した場合は親類縁者にしか財産は受け継がれないのですが、遺言にはっきりと書いてあれば相続ができるようになっているのです。また、銀行預金解約もスムーズになります。死亡後には故人の銀行口座はすぐに手続きができないように凍結されてしまいます。凍結するためには面倒な協議と手続きを踏む必要があるので、銀行口座から葬儀費用を捻出したいという人は遺言作成をしていた方が良いです。