相続放棄期限後でも頼れる心強い味方!|法律で安心生活維持

労働のプロに相談

PC

労働人口の3分の1に迫る勢いで非正規雇用が増えてきています。非正規雇用形態で労働者を採用できることによって、コストの削減などがスムーズに行なうことができているので、大企業だけでなく中小企業でもこのような雇用形態が多く採用されているのです。新しい制度でまだ企業の方でも規定をしっかりしていないことも多いので、横浜の社労士に相談して雇用のことはしっかり決めていきましょう。社労士は企業の強い味方であり、雇用で問題が起きないように事前に相談をすればしっかりと対応してくれるので安心なのです。労働者が相談する場所は労働基準監督署ですが、企業であれば社労士といったように使い分けが必要です。横浜には企業が頼ることができる社労士事務所がたくさんあります。

横浜の社労士にはどんなケースが頼れるのかといえば、例えば以下のようなものです。人員を採用する際は労働条件通知書や雇用契約書を作る必要があります。その時、重要な項目を設定していなければ時重大な労務リスクが生じてしまうこともあるのです。労務における問題が発生すると労働者も大変な思いをしますし、それに対応する企業側も重大な責任を負います。そもそも労働条件通知書が完璧に作成されていれば避けられた問題ですので、事前に条件をきちんと提示しておくことはとても大切なのです。横浜の社労士であれば経験豊富ですので、採用の際に気をつけたいことなどをすぐに教えてくれます。専門的な立場から助言してくれるのでとても安心です。