相続放棄期限後でも頼れる心強い味方!|法律で安心生活維持

作ることで良い事

オフィス

遺言作成をすればメリットがたくさん得られます。法律で単純に決められているようには財産相続をしたくないという人はあらかじめ司法書士や弁護士に依頼して遺言を残しておいた方が良いです。

Read More

労働のプロに相談

PC

日本の社会環境が変わるにつれて、労働環境も変化しています。そんな時代背景がありますので、労務関係については企業がしっかりと考えて横浜の社労士と対策する必要があるのです。

Read More

事故で失われた物を補償

デスク

身体的に受ける怪我や後遺症だけでなく、交通事故では所有している物も失うことになります。交通事故専門の弁護士に頼れば事故で車が破損した場合の損害賠償請求もスムーズにいきます。

Read More

わからないことは聞く

弁護士

自分には何の財産もないので相続の手続きをする必要はないと考えていても、思わぬところで所有している財産が発覚することもあります。こういった財産や負債などは相続する人にとって負担になることもあるので、相続放棄という道も残されているのです。財産を所有する本人で、せっかくの財産を相続放棄してほしくないと考えるのであれば、スムーズに相続の手続きが終わるように遺言作成などをして準備している必要があります。近くの司法書士か弁護士事務所にすぐに相談して、前もって対処を行なうことが大切です。もし相続する当人で、申告期限間近となっている場合にもすぐに対処してくれますが、なにぶん期限などがあることなので手遅れになってしまう場合もあります。そうならないようにしっかりと相続などのことについては知っておいた方が良いです。

ところで、相続放棄の期限は三ヶ月ですが、この期間を過ぎると大抵の弁護士事務所では受付を行なってくれません。しかし、最近ではニーズに応えて相続放棄の期限切れ案件であっても請け負ってくれることもあるのでインターネットなどで調べておくと良いです。相続や交通事故など、人生には思いもよらぬハプニングが発生します。そんな時に余計なトラブルを生まないようにするには弁護士や社労士、司法書士、行政書士といった法律問題をすぐに解決してくれるプロに相談すべきです。初回相談料は無料の場合もあるので、法人でも個人でも、気軽に相談して問題に対処していきましょう。